TOP
家づくりノウハウ
2022.07.21

新築でこだわりたい外構とは?工事の前に知っておきたいポイントも

R+house守谷・古河の家づくり写真

首都圏で働いている人からも人気の茨城エリア(守谷市・つくばみらい市・取手市・常総市・古河市)は、マイホームを建てたいという人にもおすすめの地域です。
人生の中で最も大きな買い物といえるマイホーム。間取りや内装とともによく考えたいのが「外構」です。新築で外構工事をするからには、見た目も使いやすさも、満足のいくものにしたいですよね。今回の記事では、外構の種類や工事の前に知っておきたいポイントを紹介します。

目次

外構工事とは?メリットとデメリットをチェック



まずは、外構とはなにか、外構工事を行うメリット・デメリットを見ていきましょう。

外構とは、門扉やアプローチ、塀、駐車場など、家の外側を構成する構造物を指します。庭造りやウッドデッキ、照明なども外構のひとつです。


外構工事のメリットとは?


<外構工事のメリット>
・防犯性、安全性の向上
・収納スペースの拡大
・住み心地がアップする

外構工事を行うことで、敷地の外と中をしっかり分けることができます。
門扉を設置して玄関までアプローチを敷くと、不審者が入りにくくなり、家の防犯対策になります。また、子どもやペットがいる場合は、道路への急な飛び出しの防止策にもなるでしょう。
塀やフェンスを設置することで、周囲から家の中への視線を遮り、プライベート空間を守ることにもつながります。
駐車場や物置をつくれば、収納スペースを屋外に広げることも可能です。
ウッドデッキや庭は、家族の憩いの場にもなるでしょう。ガーデニングやバーベキューなど、趣味や家族との時間も増え、暮らしが豊かになるはずです。


外構工事のデメリットとは?


外構工事では敷地内に構造物を設置するため、工事後に自由に使える土地の面積が狭くなる可能性があります。もともと敷地が狭い場合は、閉塞感を与える点がデメリットといえるでしょう。


外構の種類


外構工事は、設置する構造物の違いによって、「クローズ外構」「オープン外構」「セミクローズ外構」の3つに分けられます。ここでは、それぞれの種類の特徴を説明します。

クローズ外構


クローズ外構とは、道路や隣接する敷地との境界線に比較的高めの塀やフェンス、門などを設置するタイプです。外部からの視線を遮られるため、プライベート空間を守れるでしょう。高めの塀やフェンスを設置すると閉鎖的に感じられるため、建物と敷地境界線の間に十分な間隔がある場合におすすめです。

オープン外構



オープン外構は、建物周囲に塀やフェンスなどを設置しないタイプを指します。また、低めの塀やフェンス、植栽を一部だけ設ける場合もあります。
茨城南西部エリアは、太平洋岸式気候。リゾート風の見た目がおしゃれなドラセナやニオイシュロラン、洋風ガーデンにマッチするシマトネリコなどの植栽はいかがでしょう。植栽をすることで、暑い夏には涼しさを感じることもできますよ。設置する構造物が少ないため、費用を抑えたい人や工事期間を短縮したい人におすすめです。


セミクローズ外構


セミクローズ外構は、クローズ外構とオープン外構の中間にあたる外構です。駐車場や玄関へのアプローチはオープンにして、庭は目隠しのフェンスを設置した外構が、その一例です。開放感を残しつつ、気になる場所だけ目隠ししたいという人におすすめの外構といえるでしょう。


外構工事の費用の目安とは?


外構工事を行う場合は、費用の相場を事前に知っておくことも大切です。ここでは、外構の種類別の相場と項目別の大まかな費用を紹介します。

新築での外構工事では、建物の建設費用の10%程度が目安といわれています。家自体の工事費用と外構工事の費用は、基本的に別なので注意が必要です。もちろん、構造物の数や使う資材によっても、外構工事にかかる費用は異なります。


外構の種類による費用目安


外構工事の費用は、外構の種類ごとに相場が変わってきます。マイホーム建設後に、外構にかける予算を確保していなかった…ということにならないよう、前もって準備しておきましょう。

<外構の種類による費用目安>
クローズ外構…約200万円~300万円
オープン外構…約100万円~150万円
セミクローズ外構…約150万円~250万円

クローズ外構は丈長の構造物を多く設置するため、工事費用が高くなる傾向にあります。塀やフェンスにかかる費用が多くを占めるでしょう。

対してオープン外構は構造物の設置が少ないため、コストを抑えられます。塀やフェンスを設置しない分、ウッドデッキやバルコニーなどに費用をあてられるでしょう。

セミクローズ外構の工事費用は、クローズ外構とオープン外構の間くらいです。塀やフェンスを設置する場合、施工面積が費用に大きく影響します。


項目別に見る費用目安


外構工事をする際には、「塀やフェンスにはこだわりたい」「玄関アプローチはほしいけど、門扉はいらないかも」「駐車場は屋根つきがいい」など、さまざまな希望があるはずです。 ここでは、それぞれの項目の費用目安を紹介します。

<項目別の費用目安>
門周り…約15万円~30万円
玄関アプローチ…約10万円~15万円
塀、フェンス…約40万円~100万円
駐車場、ガレージ、カーポート…約50万円~100万円

家の顔となる門周りはこだわりたいという人も多いはず。扉や塀の素材などでも相場は変わりますが、だいたい約15万円~30万円程。門扉と門塀、ポスト、表札などをまとめて工事する人も多いようです。

玄関アプローチの工事では、門から玄関までに石材や砂利などを敷いて歩きやすくします。アプローチの長さや面積にもよりますが、約10万円~15万円が相場といえるでしょう。

防犯対策やプライバシー保護のために設置する人も多い、塀やフェンス。資材や全長により相場は変動します。約40万円~100万円くらいを見積もっておくとよいでしょう。

車を所有している場合に必要な駐車スペース。駐車場は、屋根つきや縁石設置など施工内容はさまざまです。車の所有台数によっても異なりますが、約50万円~100万円程度見積もっておく必要があります。


外構工事で失敗しないためのポイントとは?



最後に、外構工事を行う際のポイントを3つ紹介します。


どのような外構にしたいかイメージする


家の間取りや内装にはこだわったけど、外装は業者にお任せして後悔したという人も少なくありません。外構の見た目や目的など、工事前にしっかりイメージして依頼することが大切です。また、外構はすべての工事内容を盛り込むと予算オーバーしやすくなります。どんな設備が必要か優先順位をつけ、予算内で満足できる外構に仕上げましょう。


配置計画を考える


周辺の環境や日当たり、風通しを考慮しながら外構を考えることも重要です。駐車場を作る場合、車を出し入れしやすいか、玄関や勝手口との動線なども意識して設計するとよいでしょう。


新築の計画時に外構もデザインする


外構について、建物の建築後に考える人も少なくありません。しかし、建物の大まかな間取りと合わせて外構の大まかなデザインも決めていけば、必要なスペースをしっかり確保することができます。


茨城エリアで外構工事を検討している人はR+houseがおすすめ!


マイホームを計画する際には、間取りや内装などを重点的に考えることが多く、外構まで意識が回らないこともあるでしょう。しかし、外構は見た目だけではなく、多くの役割を持つ重要な存在です。マイホーム建設後に、外構にかける予算を確保していなかったという結末にならないよう、前もって準備しておきましょう。茨城の県南、県西でマイホームを建てるならR+houseにご相談ください。おしゃれな外構もセットでご提案します。
家づくりの基礎知識 注文住宅 外構
茨城県南・県西エリアの建ぺい率は?どのくらい...
コラム一覧へ戻る

関連コラム

家づくりノウハウ
2022.07.04
窓ってどう選んだらいいの?注文住宅の業者が解説します
2022.07.04
お金と家
家づくりノウハウ
2022.06.27
【茨城県南・県西エリア】持家と賃貸はどちらが人気なの?
2022.06.27
ルイスポールセンライト
暮らしのポイント
2022.07.15
照明
2022.07.15
R+house守谷・古河の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.06.06
我が家の小さな後悔
2022.06.06
R+house守谷・古河の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.06.06
建築家3回目~私の家ができるまで⑥~
2022.06.06
幕張モデルハウス
家づくりノウハウ
2022.07.15
R+house守谷・古河・取手の家づくりと庭づくりの流れ
2022.07.15