TOP
家づくりノウハウ
2022.06.27

【茨城県南・県西エリア】持家と賃貸はどちらが人気なの?

お金と家

近年首都圏からの転入者も多い茨城県南・県西エリア。つくばエクスプレス沿線地域では、秋葉原まで30~40分ほどで到着することも可能です。さらに、子育て支援や住宅取得の補助金など、充実したサポートで人気を集めている地域も。そこでこの記事では、そんな茨城県南・県西エリアの持家と賃貸事情を紹介していきます。これから守谷市やつくばみらい市などに住もうとお考えの方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

目次

転入者が増加中!県内でも人気の高い「守谷市」

カフェ
まずは、茨城県内でも人気の高い守谷市について見ていきましょう。


住みよい街ランキング7位にランクイン!

守谷市は、日経BPの「シティブランド・ランキング-住みよい街2021-」にて、7位にランクインした人気のエリア。つくばエクスプレス沿線にあるため、守谷駅から秋葉原駅まで最短34分で通うことも可能です。

ショッピングモールなどの商業施設も多数あり、市内の公園数も118ヶ所と、生活利便性が高いことも特徴です。転入者を歓迎するイベントである「ようこそ守谷へ」を毎年開催し、引っ越してきた方が安心して暮らせるような取り組みも行っています。

守谷市は茨城県内で見ると人口密度が高いエリアですが、市街地であっても緑豊かな環境を保っています。自然に囲まれた地域でのびのびと子育てしたいファミリーにとって、理想のライフスタイルが叶いやすい地域でしょう。


持家率は7割超え!のびのびと子育てしたい子育て世帯にも人気

守谷市は、7割ほどの住宅が持家です。新しく建設される住宅は、貸家よりも持家の数が上回っています。守谷駅周辺地域は坪単価平均が20~30万円と、茨城県内でも比較的高いほうです。

守谷市の平均的な固定資産税は、坪あたり2~3千円前後。ただし、百合ケ丘やけやき台などは坪あたり3千円を超えることも増えてきています。とはいえ、首都圏の土地代と比べると、リーズナブルといえるでしょう。

賃貸の場合は、70~90㎡ほどの3LDKマンションを10~18万円で借りられることが多いようです。選択肢としては2LDKマンションのほうが多く、50~60㎡ほどの物件を6~10万円で借りられることが多いでしょう。広々とした家に長く住みたい場合は、戸建ての持家を検討する方も多いといえそうです。


茨城県が主体となった都市開発も進む「つくばみらい市」

駅
時代劇のオープンセットなどでも知られる、つくばみらい市について見ていきます。

秋葉原へ最短40分!つくば市にも12分で通える

首都圏へのアクセスはもちろん、つくば市へのアクセスも良好なつくばみらい市。つくばエクスプレスなら、みらい平駅から最短40分で秋葉原へ、学園都市・つくば市にも12分でアクセスできます。

みらい平駅周辺では、茨城県が主体となった都市開発も進んでおり、マンションや商業施設なども整備されています。また、時代劇のオープンセット「ワープステーション 江戸」があり、大河ドラマや映画などのロケ地としても知られるエリアです。


持家率は8割!3LDK賃貸マンションの選択肢は少なめ

つくばみらい市も、持家が8割ほどと、戸建てを選ぶ方が多いエリアです。みらい平や小絹など、都市開発が進むエリアであっても坪単価が10~20万円と、守谷市よりさらにリーズナブルです。ただし、茨城県内で見ると、土地の価値は比較的高いほうだといえるでしょう。

つくばみらい市の平均的な固定資産税は、坪あたり1~2千円で、陽光台や絹の台など一部のエリアでは2~3千円と平均より高めです。

賃貸の場合は、駅近くに建設されたマンションが70~80㎡ほどの3LDKで、13~15万円で借りられます。市内では50~60㎡ほどの2LDKが主流で、6~8万円で借りられる物件がメイン。今後の都市開発でファミリー向け物件が増える可能性もありますが、現状の選択肢はあまり多くはないようです。


品川までのアクセスも良好な「取手市

風景
ここからは、交通の要衝でもある取手市について見ていきましょう。

取手駅周辺は大規模な都市開発が進行中!

常磐線特別快速・上野東京ラインにて、品川まで最短49分で到着できる取手市。千代田線とも接続しており、交通の利便性にも長けています。また、守谷で乗り換えれば、つくばエクスプレスにもアクセス可能です。

市内には国道6号線と国道294号線が通っているため、茨城県内の車移動もしやすいエリア。取手駅周辺では、大規模な都市開発も進行しており、今後さらに生活しやすい環境が整備されるでしょう。


7割超えが持家を選択!「住宅取得補助金」も交付

取手市の7割を超える住宅が持家です。市内では、取手駅周辺で坪単価20~30万円と、茨城県内でも比較的高いほうです。取手市の平均的な固定資産税は、坪あたり1~2千円ですが、新町のように2千円を超える地域もあります。

また、取手市では一定条件を満たす地域に住宅を取得する方に「住宅取得補助金」を交付しています。持家を取得する際は、こうした制度を活用してもよさそうです。
賃貸の場合は、60~70㎡ほどの3LDKのマンションが5~10万円で借りられます。リーズナブルな物件ではありますが、築年数は30年以上であることが多いようです。一方で、50~60㎡とやや狭くなりますが、2LDKの場合は築浅物件も多くみられ、5~8万円ほどで借りられます。

今後都市開発が進み、取手駅周辺に新築マンションが建てられる可能性はありますが、長く住む場合には持家を検討してもよさそうです。


常磐線・つくばエクスプレスのどちらも使える「常総市」

城
市内の中心を鬼怒川が流れる、常総市について見ていきましょう。


転入者が増加中!乗り換えで都心へもアクセス良好

茨城県西エリアにある常総市は、市内のほぼ中央を鬼怒川が流れる、水源豊かな地域です。市内東部の低地部分は広大な水田地帯のため、丘陵地となっている西部を中心に、住宅団地などの都市機能の強化が図られています。

市内には関東鉄道常総線が走っており、取手方面へのアクセスも良好。守谷にて乗り換えを行えば、つくばエクスプレスで東京都心への通勤も可能です。近年は、首都圏からの転入者も増えています。


持家率が7割越え!土地代や固定資産税がリーズナブル

守谷市や取手市などと同じように、常総市も持家率が7割を超えるエリアです。水海道駅周辺の坪単価は7~8万円と、県南エリアと比べるとリーズナブルな土地が見つかりやすいでしょう。

常総市の平均的な固定資産税は坪あたり700円前後のところが多いため、ラーニングコストを抑えたい方にもおすすめ。持家を取得しやすいエリアともいえそうです。土地探しをする際は、ハザードマップなどを確認しながら、住宅地に適した地域を選んでいきましょう。

賃貸の場合は、60㎡ほどの3LDKマンションが5~6万円で借りられます。常総市も2LDKの選択肢が多く、50~60㎡ほどのマンションが5~6万円で見つかりやすいでしょう。土地代も賃貸もリーズナブルなため、ライフスタイルに応じた選択がしやすい地域といえそうです。


埼玉県や栃木県へのアクセスにも便利な「古河市」

電車
近年定住化に向けた都市開発が積極的に行われている、古河市について見ていきましょう。

さいたま新都心や小山、宇都宮との交流も盛ん!

茨城県の西端にある古河市は、埼玉県や栃木県へも通いやすいエリア。湘南新宿ラインも利用でき、快速であれば池袋駅まで50分ほどで到着できます。市内には国道4号線や新4号国道などの交通ネットワークも整備されており、さいたま新都心や小山などとの交流も盛んです。

近年は、古河市も転出者よりも転入者が上回ってきています。とくに、古河駅周辺の地域では、定住化に向けた都市開発にも積極的です。

7割が持家を選択!住宅取得をサポートする制度も

古河市も、持家の割合が高いエリアです。古河駅周辺では、坪単価15万円ほどの土地が多いでしょう。古河市の平均的な固定資産税は、坪あたり1~1.8千円台ですが、古河駅周辺の東では坪あたり2千円を超えています。

古河市では、住宅取得をサポートする「若者・子育て世帯定住促進奨励金」を設けており、条件を満たせば補助金や住宅ローンの金利引き下げなどの補助もあるようです。持家を検討する際は、こうした制度を利用してみてもよいでしょう。

賃貸の場合は、60~70㎡ほどの3LDKマンションが6~10万円で借りられます。ここまで紹介している地域と比べると、3LDKマンションの選択肢も多いでしょう。また、2LDKマンションも50~60㎡などの築浅物件が5~7万円で借りられるようです。ライフスタイルの変化によって、賃貸から持家への住み替えもしやすいエリアともいえるでしょう。



茨城県南・県西エリアで家を建てるならR+houseにおまかせを!

首都圏へのアクセスもよく、土地代も比較的リーズナブルな茨城県南・県西エリア。「家を建てたい」と考える方にとっては、選択肢が広がる地域ではないでしょうか。近年は県内外から転入する方も増えており、各自治体は都市開発にも積極的です。R+house守谷・古河では、お客様のご要望や予算に合わせた土地探しから施工、アフターサポートまでワンストップで行っております。茨城県南・県西エリアで持家を希望される方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。


お金 家づくりの基礎知識 注文住宅
守谷市を知りたい!|守谷市が「住みやすい街」...
茨城県南・県西エリアの建ぺい率は?どのくらい...
コラム一覧へ戻る

関連コラム

家づくりノウハウ
2022.07.04
窓ってどう選んだらいいの?注文住宅の業者が解説します
2022.07.04
ルイスポールセンライト
暮らしのポイント
2022.07.15
照明
2022.07.15
R+house守谷・古河の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.06.06
建築家3回目~私の家ができるまで⑥~
2022.06.06
図面と家
家づくりノウハウ
2022.06.27
茨城県南・県西エリアの建ぺい率は?どのくらいの広さの家が建てられる?
2022.06.27
風景と家
家づくりノウハウ
2022.07.15
土地探し3つのポイント!茨城県南・県西エリアの特徴とは
2022.07.15
R+house守谷・古河の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.07.21
新築でこだわりたい外構とは?工事の前に知っておきたいポイントも
2022.07.21