TOP
庭のある暮らし
2022.06.10

夏のお手入れ『お庭編』

R+house守谷の家づくり写真

「夏のお手入れ『お庭編』」というコラムです。デザイン・庭・イベント情報に関する記載がされており、詳しく知ることができます。守谷市・古河市・取手市の注文住宅なら株式会社アールプラスDM。

こんにちは!R+house 守谷(柏)の大石です。

昨日、守谷市は環境美化の日。

環境美化の日とは、地域の皆さんで、道路や公園等のごみ収集を行う日です。

開催は、毎年6月・9月・12月の第一日曜日です。

私も、朝からゴミ拾いを行いました。

みんなで街を綺麗にするって気持ちがいいですね!

 

先日、守谷モデルハウスの植物のお手入れを行いました。

先月はまだ5月だというのに30度超えが数日続いたので、植物達が少し枯れ気味に。

枯れた葉や傷んだ葉を株元から切り取りました!

まずは鉢植

 

before

 

after

どうでしょう、すらっとした長い葉が更に美しく見えますね。

続いてアオダモの周りに植えた下草達。

 

before

 

after
 枯れた葉を取り除くと、スズランに似た可愛いお花を発見。

少し手を加えるだけで、こんなにも見え方が変わりますね。

 

6月は春花壇の整理がおススメです。

切り戻し、植え付け、植え替え、挿し芽などが適期です。

柏の葉モデルハウスの約3畳程の花壇も少しだけ整理しました。

日々草、アンゲロニアの花々を植え、花壇が華やかになりました。

その他の植物達は、冬の頃に比べとても成長しました。

セントーレア ギムノカルパ ピンクダスティーミラーの成長には驚きです!

シルバーリーフが美しく、これから咲くピンクの花が待ち遠しい!



 



 

 

参考までに

 

花がら摘み

花がらとは終わりかけや枯れた花の事です。花がらをそのままにしておくと、植物が弱ってきたり、病害虫を引き起こす場合もあります。早めに取り除く事がおススメです。花がらをこまめに取ると次から次へとお花が咲きます。

 

枝すき

植物の中には風通しの悪さ、蒸れを苦手とするものもあります。混みすぎた場合は茎や枝を適度にまびきましょう。

 

切り戻し

花を楽しんだら、伸びた枝を刈り込みます。思い切って切り戻すと、元気な新芽が出てきて再びたくさんの花が咲きます。植物によって時期が異なるので注意が必要です!

 

 

この機会にお気に入りの道具を見つけて、ガーデニングを楽しんでみませんか?

例えば、お気に入りのジョーロがあれば、より一層水やりを楽しむことができます。


柏の葉モデルハウスでは英国の「HAWS(ホーズ)」社製を愛用中。

ハンドルの形がユニークでシャワーヘッド付のジョーロはプロの園芸家も愛用するクラシックな逸品です。

形もとってもおしゃれで、置いておくだけでインテリアにもなりますね。

夏はお手入れを欠かさず、枝透かしや挿し木などで夏越しをして楽しんでみてはいかがでしょうか!

お手入れ方法が気になる方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております!

デザイン イベント情報
庭は身近な自然
コラム一覧へ戻る

関連コラム

R+house守谷の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.11.19

中庭のある家(コートハウス)のメリット・デメリットは?

2022.11.19
R+house守谷の家づくり写真
庭のある暮らし
2022.06.10

枯れてる?枯れてない?

2022.06.10
R+house守谷の家づくり写真
庭のある暮らし
2022.11.11

可愛いお客さま。

2022.11.11
R+house守谷の家づくり写真
庭のある暮らし
2022.06.06

『庭を彩るアイテム』②

2022.06.06
R+house守谷の家づくり写真
庭のある暮らし
2022.06.10

庭は身近な自然

2022.06.10
R+house守谷の家づくり写真
暮らしのポイント
2022.11.03

暮らしの道具

2022.11.03