TOP
家づくりノウハウ
2022.11.21

一戸建ての維持費(修繕費)はいくらかかる?平均の費用と内訳について。

平家のお家

一戸建てやマンションを購入すると、どうしてもかかってくるのが維持費です。ローンの支払いに目が行きがちですが、住み出してからかかる維持費についても把握し、資金計画をしっかりとたて、備えることが大切です。そこで今回は、一戸建ての維持費はいくらかかるのか、その内訳はなんなのか、マンションの場合との違い等、ご説明していきます!これから注文住宅やマンションの購入等をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

目次

一戸建ての維持費は年間平均40万円かかる

一戸建てにかかる維持費の年間の目安は約40万円と言われています。この金額は、建物の希望や立地、修繕の内容、頻度などによっても変わってくるため、あくまでも目安として覚えておいてください。

一戸建ての維持費の内訳

年間維持費40万円の主な内訳は税金、保険、修繕費の3つあり、土地と建物にかかる “固定資産税” や、市街化区域内に建物や土地がある場合に課税される “都市計画税” 、安心のために備える “火災保険・地震保険” 、メンテナンスやリフォームに必要な “修繕費” になります。
それぞれの費用について詳しく解説していきます。

固定資産税・都市計画税

注文住宅とお金
固定資産税とは、土地や建物などの不動産を所有している人は毎年支払う税金で、土地・建物の両方に対してどの地域でも課税されます。一定の要件を満たす土地や家屋は税負担が軽減される場合があります。
都市計画税とは、土地や建物が市街化区域にある場合に原則課税される税金です。
市街化区域とは、市街地である区域、もしくは10年以内に優先的に市街化を計画している区域のことです。
都市計画税でも一定の要件を満たす場合は、軽減されることがありますが、都市計画税の場合は、軽減を受けられるのは土地のみのため、その点ご注意ください。

火災保険・地震保険

家の保険
自然災害などの事態から家を守り、安心して暮らすためには保険に加入することも重要です。住宅が地震や火災、水害などの天災の被害にあった時の保証として、火災保険や地震保険、家財保険等の加入をしておきましょう。
※地震保険は単独での加入ができないため、火災保険とセットでの契約となります。
保険料は、家があるエリアや、建物の構造、保証内容、契約期間、特約の有無などで金額が異なりますが、近年、自然災害の発生頻度が増えていることから、契約年数の短縮・価格の引き上げが行われています。

修繕費

建物や設備は年数とともに劣化していくため、適宜修繕やリフォームが必要になってきます。新築で入居した場合、築10年を過ぎた頃にはメンテナンスが必要になるケースが多いです。一戸建ての場合は、電気設備や衛生設備などの住宅設備に加えて、屋根や外壁等、建物自体の修繕も必要になってきます。屋根や、外壁などは傷み具合に気付きにくい部分ですが、後回しにすると余計に大きな出費となる場合もありますので、定期的な点検と、先を見据えた計画的な費用の積み立て、など、必要な準備しておかれることをお勧めします。

一戸建てとマンションの維持費を比べると?

マンション
一戸建てにかかる維持費について解説してきましたが、一戸建てとマンションだとなにが違うのか、どちらが維持費は高くなるのか、気になる方もいらっしゃるかと思います。
結論として、一戸建ての方がマンションより維持費が安いことが多いです。
その理由や内訳を詳しくお伝えしていきます。  

管理費

エントランスや廊下などの共有部分の清掃やごみ収集などの共有部分の清掃や設備の管理を管理会社が行うため、管理費という費用がかかります。管理費はマンションによって異なりますが、約月額1万〜2万円ほどになります。豪華なマンションは、より高くなる傾向にあります。

修繕積立金

管理費が日常の管理にかかる費用であるのに対して、老朽化を防ぎ、快適に住み続けられるように整えることを目的に蓄えられる費用で、リフォームや修繕は通常多額の費用がかかるため、毎月積み立てる必要があります。管理費と同様で、修繕積立金も金額はマンションによって異なりますが、約1万〜2万円ほどが目安です。大規模修繕を行う場合で積立金が不足している場合は、別途一時金を求められることもあるので、ご注意ください。

駐車場・駐輪場代

一戸建ての場合は、車や自転車は敷地内に置けますが、マンションの場合は別途駐車場代と駐輪場代がかかります。都心だとその費用がより高くなります。

固定資産税

マンションも一戸建てと同様で固定資産税の支払いが必要です。
固定資産税は立地や建物の規模、構造によって異なりますが、マンションは土地の価格が高い駅近に建設されていたり、構造も鉄筋コンクリートや鉄骨コンクリート造であるため、評価額が高くなる可能性があります。ですが、マンションは土地が共有持分となるため、合計すると、一戸建ての方が固定資産税の負担が大きくなる傾向にあります。

火災保険・地震保険

一戸建てと同様で、マンションでも火災保険や地震保険の保険に加入される方が一般的になっています。ただ、マンションは一戸建てと比べて、構造的に災害に強いため、比較的保険料が安くなります。

結論:一戸建てよりもマンションの方が維持費が高い

色々な維持費がかかることをお伝えさせていただきましたが、結論、一戸建てよりもマンションの方が維持費が高い場合が多いです。その一方でマンションは管理費や修繕積立費を支払う代わりに、管理会社が管理を行なってくれるので、手間がかからず、安全性が高いというメリットもあります。
ただ、固定資産税は軽減措置を受けたり、メンテナンスフリーなどの耐久性の高い素材を選んで建てたり、こまめに点検やメンテナンスを行なったり、することで維持費を抑えることも可能です。他にもアフターサービスが充実しているメーカーや工務店に依頼することも重要なポイントかと思います。
マンションも一戸建ても築年数とともに費用が高くなっていくので、先を見据えた、計画的な費用の積立(一戸建ての場合)やその費用がかかることを把握した上での住宅購入をしましょう。
自分の場合の費用や、詳細が気になる方は、建築会社や保険会社などの専門家へ相談してみましょう!
アールプラスDMでは、家づくりについての様々なお悩みや相談を随時受け付けております!お近くにお立ち寄りの際はお気軽にお立ち寄りください。
最後までお読みいただきありがとうございました!
お金 税金 固定資産税 減税 注文住宅 保険・保証・アフターサービス
お家の窓廻りをもっと素敵に。
家づくりの後悔ポイントや失敗しないためには?
コラム一覧へ戻る

関連コラム

R+house守谷の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.09.08

お家の窓廻りをもっと素敵に。

2022.09.08
庭のある家
家づくりノウハウ
2022.11.07

注文住宅とは?茨城県守谷市周辺で家を建てるメリットとデメリットを知って理想の家づくりを!

2022.11.07
R+house守谷の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.07.21

新築でこだわりたい外構とは?工事の前に知っておきたいポイントも

2022.07.21
風景と家
家づくりノウハウ
2022.11.08

土地探し3つのポイント!茨城県守谷市・古河市・取手市・常総市・つくばみらい市の特徴とは

2022.11.08
外構デザイン
家づくりノウハウ
2022.11.19

家づくりの後悔ポイントや失敗しないためには?

2022.11.19
幕張モデルハウス
家づくりノウハウ
2022.07.15

R+house守谷・古河・取手の家づくりと庭づくりの流れ

2022.07.15