TOP

ADVANTAGE
株式会社アールプラスDM 家づくりの強み・こだわり

R+house守谷・古河の家づくり写真
株式会社アールプラスDM
の家づくり

R+house守谷・古河・取手は、「家と庭のトータルコーディネート」を1つのコンセプトとして家づくりをご提案している住宅会社・工務店です。「家づくり」では「R+house(アールプラスハウス)」という商品を、「庭づくり」では「GARDENS GARDEN(ガーデンズガーデン)」という商品を軸に、理想の住まいを皆さまにお届けしています。

・建築家とつくる家づくり「R+house(アールプラスハウス)」
建築家とつくることで、外観や内観のデザインを理想に近づけることができます。また、デザインだけでなく、高断熱・高気密の快適な住宅をお届けできます。

・植物と暮らしを熟知したガーデンデザイナーとの庭づくり「GARDENS GARDEN(ガーデンズガーデン)」
家と庭のご提案を一緒にできることで、一体感のあるデザインや生活感をお届けできます。

茨城県の守谷・古河・取手にお住まいの皆さまに快適で豊かな暮らしをお届けしています。

快適で暮らしやすい高性能で高品質な家づくり

R+house守谷・古河・取手がお届けする住宅は「夏は涼しく、冬は暖かい住宅」です。
夏も冬も過ごしやすい快適な家づくりは、お客様の暮らしを豊かにします。
快適な暮らしを実現するためには、家の中に外の暑い空気や寒い空気を入れないことが大切です。
私たちR+house守谷・古河・取手は「高断熱・高気密・高耐震」にこだわり、高性能と呼ばれる国で定められた性能基準を満たした家づくりを実現します。

高断熱

住宅の断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」と呼ばれる指標で表されます。
この数値が0に近いほど、高断熱な家づくりになっていきます。
⽇本の断熱性能の基準である「省エネ基準」では、茨城県を含めた関東での基準でUA値0.75や0.87といった基準値が定められていますが、
R+houseの平均UA値は0.46と、大きく基準を上回り、高断熱な家づくりであると言えます。

高気密

住宅の快適性は、外気が入る可能性がある建物の隙間の量に影響されるため、気密性の良さが求められます。
住宅の気密は「C値(隙間相当面積)」と呼ばれる指標で表されています。
このC値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、UA値と同様に数値が0に近いほど、隙間の少ない高気密な住宅になります。
日本で建てられる住宅の一般的な目標は5.0(㎠/㎡)とされているのに対し、R+house守谷・古河・取手が届けする住宅は1.0(㎠/㎡)以下を標準とし、高気密な住宅のご提案をしています。 

高耐震

私たちがお届けするR+houseでは、建物の構造を専門とする建築士による徹底した耐震性のチェックを実施しています。
建物にかかる荷重、風圧力、地震力など、様々な調査が実施されています。
また、独自のパネルである「R+パネル」を採用しています。この「R+パネル」は建物の外壁を「面」全体で支えることのできる「パネル工法」のため、建物にかかる力が分散され、横からの衝撃にも耐えることができます。

「家」と「庭」を一体に捉えたこだわりのデザイン 

建築家が設計するあなただけのデザイン

お客様の理想の暮らしや今後のライフプランを踏まえて、建築家がお客様にとっての最適なプランを設計し、ご提案します。 
「建築家にお願いをすると費用が高くなりそう」と不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、私たちR+house守谷・古河・取手は、建築家が設計する理想の住まいを、お客様に無理のないご予算でご提案しています。
例えば、「4LDKの間取りの住宅を建てたい」というお客様のご要望が予算内でおさまらない可能性もあります。そんな時、建築家であれば、「なぜ4LDKが良いのか?」「家族でどんな暮らしを送りたいのか」など、お客様の本当の理想をお聞きし、仮に4LDKではなかったとしても予算内で4LDK以上に広々と快適に暮らすことのできるプランをご提案することができます。限られた費用の中でも予算の中で理想の暮らしに近づけるご提案をしていきます。 
建築家のイメージ

「庭から豊かな暮らしを」街並みに溶け込むデザイン

「GARDENS GARDEN」専属のガーデンデザイナーが、住宅と街並みに溶け込む「庭づくり」をご提案します。 
住宅の外構や庭づくりは、家づくりの中で後回しにされてしまうことが多いのですが、一生に一度の家づくりだからこそ、外構やお庭のデザインもこだわってほしいと考えています。
GARDENS GARDENは、R+houseの住宅の魅力度を高められる庭・エクステリア・外構をデザイン・施工し、家と庭が一体となるプランをご提案できるため、お客様の理想・夢のマイホームに近づけることができます。
 
また、庭は日々の暮らしに多くの彩りを与えてくれます。
例えば、庭で植物や野菜を育て、収穫した食材を使って料理を楽しむ暮らし。
春夏秋冬それぞれで庭の自然を感じながら、時には庭で食事やBBQを楽しんだり、毎日の暮らしに変化を与えてくれます。
 
快適な暮らしを実現するR+houseによる家づくりと、豊かな暮らしを実現するGARDENS GARDENによる庭づくりで、理想のプランをご提案します。 

コストパフォーマンスの高い家づくり

R+house守谷・古河・取手では高性能な住宅を低コストでお届けできるよう、R+house独自のルールで家づくりを進めています。
例えば、部材の仕入れ価格を削減するために、直接メーカーに発注をして仕入れをしています。
また、建物に使っている建築資材は耐久性の高い材料を選んでいるため、住み始めてからのメンテナンスにかかる費用の削減も期待できます。
徹底して家づくりにかかる無駄なコストを省いていくことで、コストパフォーマンスの高い家づくりを実現します。 

ご契約後、お引渡し後も安心なサポート体制

R+house守谷・古河・取手では、ご契約後の建設中やお引渡し後のアフターサポートも充実しています。

完成保証サービス

安心して家づくりを進められるよう、建設中のお客様に「完成保証サービス」をご用意しています。
 
 「完成保証サービス」とは、万が一、工事請負契約を締結した会社が、住宅の建設途中に倒産等の理由により工事を続けられなくなった場合に、
 近隣の他のR+house加盟店が工事を引継ぎ、R+houseの完成を支援する、R+houseとして設けられているサービスです。
 ※事前に支払い済みの金額から工事の出来高を差し引いた前払金や工事を引き継ぐ際に生じる増嵩工事の費用について、本完成保証サービスでサポートします。
 完成保証書は、物件申込書を受理後、所定の審査を行い、工事発注者に送付いたします。
 保証対象物件は、新築住宅に限られます。
 ※なお、完成保証サービスは2019年1月よりスタートしたサービスとなります。
完成保証の仕組み

家価値60年サポート

お引渡し後も永く快適な暮らしができるように、60年間にわたっておうちを守り続ける「アフターサポートプログラム」をご用意しています。
家価値60年サポートでは、建物の安全性を保つために定期的な建物の点検を実施したり、住まいに関するトラブルサポートや24時間365日のコールセンターを設置しているなど、充実のメニューをご用意しております。R+house守谷・古河・取手では、お引渡しをした後も含めて「家づくり」であると考えています。お客様が末永く安心して暮らしていけるよう、家価値60年サポートとともにお客様の暮らしをサポートしていきます。
アフターサポートの仕組み

瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保履行法に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵があった場合、新築住宅を供給した事業者が修繕等を行い、株式会社日本住宅保証検査機構等の保険会社から修繕費用等の一定割合を保険金が支払われる仕組みです。10年間はこの瑕疵担保責任保険に加入しているため、万が一のことがあっても安心して暮らすことができます。(対象は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」です)